神経内科医の転職- 3件

【地域別】高収入が期待できる神経内科の勤務地

【地域別】高収入が期待できる神経内科の勤務地

では、引き続き神経内科医に関しての情報をお伝えしたいと思いますが、今回は日本全国における神経内科医の収入や勤務地による傾向等について、少しご紹介してみたいと思います。

神経内科は全国的に高収入

まず、基本的に押さえておいて頂きたいところは、神経内科医は基本的に「全国で高収入の傾向がみられる」という事実です。
医師の診療科目別で収入をソートしてみると、基本的にはみなさんも既にご存じの通り「都市圏では低い傾向があり、地方に行くと高い傾向がある」というのが、一般的なところです。

しかし、神経内科医の収入に関して言えば、医療機関によって上下のばらつきこそありますが、基本的には全国に置いて収入の平均値が高く、他の診療科目と比較した場合には高収入の傾向がみられるのです。

ある大手の医師求人検索サイトによると、2017年4月時点で神経内科医の求人がおよそ450件程度掲載されていました。
そこで、その中から収入別で細かくデータを見ていくと、年収2000万円以上を上限としている求人自体が、なんと全体の約40%もあったのです。
もちろん、これは地方や都市で分けたものではなく、あくまでも日本全土の求人を対象としたものです。

その中で、4割もの求人が2000万円以上の年収を提示していると言う事実は、まさに神経内科医イコール高収入と言われる理由の裏付けとも呼ぶことができるのではないでしょうか。

ちなみに、その次に割合が多かったものは年収1600万円から1800万円となり、これが全体の3割程度を占めています。
いずれの結果もいわゆる神経内科医の平均的収入である「1500万円」というベースを優に超えており、かなりの高収入が期待できる科目であることが一目瞭然となりました。

逆に、年収1000万円以下を下限とする求人でソートをしてみると、これはおよそ5割、半数程度の求人において年収下限の低いものが掲載されているということになります。
これらの事実より、基本的に神経内科医として高収入を目指すことはできるものの、各個人の技量や勤続年数等に応じて、かなり収入差が開くと言うことが分かります。
医療機関によってばらつきがある、と先ほどは申しましたが、同時に各個人の持つ資質によってもかなり差が開いてくるといっても過言ではありません。

地方でも北海道は特に高収入が期待できる

神経内科医が全国的に高いと言っても、都市部、地方部では少し収入に開きが出てくることは確かです。
その中でも、もっとも高収入が期待できる地域をもし挙げるとすれば、それは恐らく北海道地方でしょう。
もちろん、その他の地域であっても、地方を狙えば年収1000万円を超えることは比較的簡単です。

しかし、例えば釧路などを選べば2500万円前後の収入を見込める等、北海道を狙うという手も大変お勧めです。

都市部でも収入が低くなるわけではない

また、逆に都市部に限ってみても、基本的にはそれほど収入は低下しません。
例えば都内のクリニックが出している神経内科医の求人をみても、下限が1800万円と設定されているなど、諸条件はあれど高い傾向があることは確かです。

また、専門医の資格をお持ちであれば、より安定的に高収入を確保しやすくなることは間違いないでしょう。

医師の転職前に知りたい―神経内科医の平均年収について

医師の転職前に知りたい―神経内科医の平均年収について

神経内科医として転職し、医師としての成功を目指すのであれば、ぜひとも覚えておいて頂きたいことがあります。それは「年収の相場について」です。

医師としてキャリアアップを目指している方もいれば、そうではなく勤務環境の変化や待遇の向上などを求めていると言う方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、実際問題として市場における「ご自身の価値」を知っておくことは、様々なリスクを軽減するためにとても効果的です。

相場にあっていない求人に応募をしてしまい、不当な労働環境におしこまれてしまうようなリスクも減るため、これについてはぜひとも意識しておいて頂きたいところです。
そこで、神経内科医の平均的な年収などについて、ご紹介しておきたいと思います。

神経内科医の平均年収は1500万円

神経内科医に関して言えば、基本的に需要が高く供給が追い付いていないという傾向が全国的にも顕著なため、比較的高待遇で知られています。
そんな神経内科医の平均的な年収は、およそ1500万円前後と言われています。もちろん、これはある所の調べであり、情報を調べる母体によって多少の上下が出るようです。

とはいえ、基本的にはこの1500万円を超える金額が平均的な年収としては、恐らく正しいものと思われます。
例えば、特定の地方であれば最大2500万円を超える求人もありますし、下限が1800万円とした破格の求人もちらほらと見受けられるためです。
平均値としては比較的高い傾向にあるものの、大台を狙うのであれば比較的地方における求人の方がやはりその待遇はいいようですね。

ただ、都市圏においても十分に好条件の求人を狙うことができるというのは、嬉しいところです。
また、好条件を狙うにあたり「専門医の資格」をお持ちであることは、必須であるものと考えられますので、注意が必要です。

医療機関によりかなり上下する

先ほどから述べている通り、基本的に神経内科医の年収は極めて高い傾向にあります。
平均が1500万円というのは、他の診療科目からみても高い傾向だと言えるでしょう。
そのため、神経内科医として働く場合はご自身の価値をしっかりと意識しておく必要があります。

さて、ここで一つポイントがあるのですが、だからと言って全ての医療機関において高待遇で迎え入れてもらえるわけではありません。
むしろ、医療機関による上下の差が激しいと言われているのが神経内科医の求人に関する特徴です。
それは、診察する患者様の数や、診療の方法、業務を請け負う内容などに幅があることが原因とも言われています。

年収アップのためでも十分な転職理由

年収アップのために転職します、というのは決して恥ずかしいことではなく、正当な転職理由として通用するものです。
もしご自身の収入に何らかの不満があるのであれば、それを理由に転職を検討されても、全く問題はないでしょう。

関連記事:【地域別】高収入が期待できる神経内科の勤務地

神経内科医の需要―転職前に知りたい神経内科の医師募集の数

神経内科医の需要―転職前に知りたい神経内科の医師募集の数

神経内科医の転職求人に応募する前に知っておきたいのが、神経内科医に関する医師募集の件数などについてです。この情報を知っておかなければいけない理由はあります。
それは、神経内科医の市場動向をある程度押さえておくことによって、市場における立ち位置、価値等が見えてくるということ。
つまり、どのような価格がつけられるのが妥当なのか、その境界線が見えてくるため「下手に値踏みされるリスク」を低下させることができるためです。
ブラックな病院を避けるためにも、とても大切なポイントとなりますので、ぜひご覧いただければと思います。

神経内科医は常に不足・需要は高い

神経内科医に関して言えば、基本的に「医師が常時不足している状態」であり「需要が圧倒的にある」ため、売り手市場と言われています。
買い手側よりも売り手側がパワー的に強い傾向が現段階ではみられるため、神経内科医として転職自体を成功させることそのものは、決して難しくはないでしょう。
今後は、在宅医療などへの分野でもニーズが高まることも予想されていること、認知症の患者様が今後も増加し続けるという予測も立てられており、そのニーズの増加に対して医師の供給が追いついていかないであろうことは、既に見えている一つの結果でもあります。
地域において欠かせない診療科でもあることから、日本全国において需要があるものの、人材が満たされている場所はそれほど多くないのです。
そのため、常に多くの求人案件の募集が出されているという状況となっています。

関連サイト:https://www.dr-10.com/

神経内科医は全国に5000人程度しかいない

特筆すべきは、神経内科医が実は全国でも5000人程度しかいないという驚きの事実です。
医師の総数が300000人程度と言われていることを考えれば、5000人というのはわずか2パーセント以下ということになります。つまり、かなり貴重な存在とも言えるのです。
にも関わらず、今後は更に需要が伸びていくと言われているのですから、驚きですよね。

  • 1