医学生向け- 1件

神経内科医を目指す医学生へ。神経内科を目指すメリットとは

神経内科医を目指す医学生へ。神経内科を目指すメリットとは

最後に、神経内科医をこれから目指そうとしている医学生の皆さまに対して、神経内科医を目指せばどういったメリットがあるのか、という点について少しご紹介しておきたいと思います。

今現在神経内科医を目指している、あるいは検討中という医学生の方にとって、どのようなメリットを受けることができるのか?その情報を正確に知っておくことで、“より”進む先のビジョンがはっきりと明確化していくでしょう。

そこで、今回は専門医取得後の選択肢などについてご紹介します。

専門医取得後の選択肢が多い

神経内科医を目指すメリットの1つとして挙げられるのが、専門医資格の取得後にとることができる選択肢が非常に豊富であるということ。
専門医の資格ありきで進みがちな昨今の医療業界ですが、取得する医師の増加に伴って「資格を持っていても上手く活用することができない、あるいは選択肢が少ない」と嘆く方も多くなっていると聞きます。

その中で、神経内科医に関しては専門医の資格を持っているだけで転職などが圧倒的に有利になるのです。
リハビリテーション、脳神経系、在宅医療などが主なターゲットとして挙げられますが、認知症やパーキンソンなど、今後も増加傾向が予想されている疾患に関わることもあり、これらの疾患を得意分野としていれば、様々な場所で活躍することも容易と言われているのです。

若い神経内科医が減っているため貴重

先ほども違うところで述べさせていただきましたが、基本的に神経内科医の若手はとても少ないため、今では大変貴重な戦力として重宝されることも多いでしょう。
また、今後様々な経験を積まれることによって「どこででも勤務できる状況」がこれから先、より増加してくることは間違いありません。

ただ、求められるスキルそのものは各医療機関によって異なりますので、あくまでも皆さんがどのような方向性で進んでいくのか、その指針をあらかじめ明らかにしておくことが大切です。

関連記事:神経内科医の今後―日本の高齢化社会と密接に関わる神経内科医

  • 1