神経内科医の需要―転職前に知りたい神経内科の医師募集の数

神経内科医の転職求人に応募する前に知っておきたいのが、神経内科医に関する医師募集の件数などについてです。この情報を知っておかなければいけない理由はあります。
それは、神経内科医の市場動向をある程度押さえておくことによって、市場における立ち位置、価値等が見えてくるということ。
つまり、どのような価格がつけられるのが妥当なのか、その境界線が見えてくるため「下手に値踏みされるリスク」を低下させることができるためです。
ブラックな病院を避けるためにも、とても大切なポイントとなりますので、ぜひご覧いただければと思います。

神経内科医は常に不足・需要は高い

神経内科医に関して言えば、基本的に「医師が常時不足している状態」であり「需要が圧倒的にある」ため、売り手市場と言われています。
買い手側よりも売り手側がパワー的に強い傾向が現段階ではみられるため、神経内科医として転職自体を成功させることそのものは、決して難しくはないでしょう。
今後は、在宅医療などへの分野でもニーズが高まることも予想されていること、認知症の患者様が今後も増加し続けるという予測も立てられており、そのニーズの増加に対して医師の供給が追いついていかないであろうことは、既に見えている一つの結果でもあります。
地域において欠かせない診療科でもあることから、日本全国において需要があるものの、人材が満たされている場所はそれほど多くないのです。
そのため、常に多くの求人案件の募集が出されているという状況となっています。

関連サイト:https://www.dr-10.com/

神経内科医は全国に5000人程度しかいない

特筆すべきは、神経内科医が実は全国でも5000人程度しかいないという驚きの事実です。
医師の総数が300000人程度と言われていることを考えれば、5000人というのはわずか2パーセント以下ということになります。つまり、かなり貴重な存在とも言えるのです。
にも関わらず、今後は更に需要が伸びていくと言われているのですから、驚きですよね。